キャンパス

​ライフ

白百合の学び

資格・就職

研究活動

受験の

アドバイス

教員紹介

  • t-ohkubo6

シトラスリボンProject

 愛媛から始まったCitrus Ribbon Projectはご存知ですか?  運動のサイトから抜粋します。


 コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。 愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。 リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。

 「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。 また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。 コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。 コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか? 詳しくは、こちら → https://citrus-ribbon.com/


 我々もコロナ禍で何もできないとフラストレーションの溜まった(?)学生さんに呼び掛けて、今リボンを作っています。今日は高校訪問でおいで頂いた石巻市立桜坂高校に皆さんに配布をさせて頂きました。リボンを作った学生さんは実習で直接、高校生に皆さんに渡せず残念でしたが、気持ちは持って帰って行ってくれたかと思います。


 こんな時ですが、できる事からやる! 

まだまだ、コロナ禍は予断をゆるしませんが、差別のない社会を祈念して我々は、活動を続けて行きます。


                                 記事:大久保 剛

100回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

仙台白百合女子大学 健康栄養学科ブログ